この記事は私がまとめました

まずはご覧あれ!

約6年の歳月をかけて、いつの間にか知恵つけちゃって。 (日中は家に誰も居ないのでタイマー式のご飯の器を用意しているのだが、前足でダイヤルを押さえ、自分がクルクル回る。パカっ) pic.twitter.com/KchEwfEro1

ホントに押しながらクルクル回って自動餌やり機をパッカリ開けちゃってます。これじゃあ食べ放題(笑)

このスゴワザにTwitterでは↓

称賛の嵐が!

現在リツイート24000、いいねの数が52000を超えています。

@KuronekoGeete @Ninja250R1919 FF外から失礼します! これだけ賢くなるなら昔の人が猫又になると恐れたのも頷けます

この子は化身なのかも知れません。

@KuronekoGeete 僕が3〜4歳児だった頃、時計の時刻をズラす事で親の目覚ましを止めてましたがそれよりも確実に賢いですね

コレ、私もよくやってたそうです。

@KuronekoGeete 猫にも観察力があって、タイマーが回っていることと、回りきると蓋が開くということを理解できるということか… すごいな

どうも「そうとしか思えない」ですよね。

以前、飼い主にベルを鳴らして餌をねだる猫ちゃんが居ましたけど、それとはレベルが違う気がします。

@KuronekoGeete @Bakeneko_JABLaw 猫は種類にもよりますが、人間の6歳くらいの知能に達するそうですね。

興味深いですね…

そもそも猫又とは?

昔から長生きした猫は尻尾が2つに分かれ人間の様な姿形になり「猫又になる」という伝説が日本各地に残っています。

多くは人間を食い殺すとか子供を騙して連れ去るとか「狡猾な化け猫」として扱われていますが「可愛がってくれた飼い主にはきちんと恩返しする」とも言われ、猫が神として祀られる神社も数多いとか。

その他、猫を殺すとその後「7代に渡って祟られる」なんていう言い伝えもあり、やはり猫は神秘的な動物として可愛がられて来たようです。

猫は進化の途中にある?

私もオス猫を一頭買ってますけど、確かに年齢を重ねるごとに「賢く」なっている気がします。

特に飼い主の機嫌を良く見て、餌をねだったり「多く撫でさせたり」する事が上手になりました。

その他にも、若い頃は出来なかった「ドアノブ回し技」が普通に出来たり、興味の無かったテレビも今は「ジックリと見る」ようになったり。

もしかすると10年後には「身に付ける首輪を自分で選ぶ猫」が現れるかも知れません。

オマケ

1
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});