この記事は私がまとめました

猫の島は猫好きのパラダイスだ!!

っちにもこっちにも至るところに猫・猫・猫、猫だらけ!そんな猫好きにはたまらない島が、通称「猫島」。

人口より猫のほうが多い島、猫を守護神として祀っている島、下船したらまず猫が出迎えてくれる島など、猫たちの暮らしぶりは様々です。

馬島は、福岡県北九州市の猫の島。馬島という名前の島はほかに愛媛県や山口県にもありますが、この記事で扱うのは福岡県の馬島です。

馬島は小倉港から約10キロの響灘(ひびきなだ)に浮かぶ周囲5・4キロの島で、14世帯約30人が暮らす。

また海を見渡せば、遠くには工業地帯が広がっており、島の閑静な雰囲気との何ともいえないギャップを生み出しています。「馬島」では、そんな風景も見どころです。

猫の風景と一緒にお楽しみください。

そんな猫の島で異変が起きているだと

多くの猫を地域ぐるみで管理し「猫の島」としてひそかな観光スポットにもなっている北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)で、個体数が5年前に確認された約90匹から、30匹程度まで急減していることが判明した。

しかしここ数年、元気だった猫が島民の目の前で泡を吹いて倒れたり、若い個体の死骸が沖合で見つかったりする事態が起きるようになった。

17年9月には港近くの集会所の半径30メートルほどの範囲で、死んでいたり瀕死(ひんし)状態だったりしている5匹が一度に見つかり、結局5匹とも死んだ。

島民から5月に相談を受けた竹下さんが動物虐待防止に取り組む特定NPO法人「SCAT」(福岡市)と調査を始めたが、30匹ほどしか確認できないという。

全国で10万件近い不妊手術に取り組んできた「どうぶつ基金」の佐上邦久理事長は「異常な減少で、虐待など外的・人為的要因があるのは間違いない」と指摘する。

現在では、餌やりの時間などに港に折り重なるように集まってきた光景が影を潜め、頻繁に訪れる観光客が島民に「異様に減っていませんか」と尋ねることもあるという。

警察が動き出しただと…理由は毒殺があった!?

昨年10月と今年5月には青い薬品のようなものが付着した魚の切り身が畑や漁協事務所前など島内の数カ所に置かれていた。

うちの裏のほうで置かれているのを見つけた。魚の切り身に強い農薬だと思うが、それが塗られたものが置かれていた。

不審な餌が散布され、不自然に苦しむ猫の目撃情報があるため、管理に関わってきた保護団体などは虐待の可能性があるとして、刑事告発や緊急保護を検討している。

平成26年にNPOの支援を受けて島の猫79匹に対する不妊手術がおこなわれました。ちなみに当時の馬島の人口は約50人。

今後、猫が自然繁殖することはないので、徐々に頭数が減っていき、猫の島ではなくなっていくのでしょう。

自然減少説もあるらしい。しかし毒物をまいている人はいるのは事実だから犯人を逮捕してほしい。

様々な声が

多くの猫を地域で管理し、 観光スポットとして、 可愛がられてきた小さな命を、 青い薬品、 毒物であるならば、 捜査、逮捕願います、 #動物虐待愛好家 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-…

監視カメラの設置と解剖による死因特定、付着物の成分分析をお願いしたい。 北九州「猫の島」謎の猫急減 5年で3分の1 毒殺?刑事告発検討 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20190…

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});